週末限定!Web奨学生キャンペーン 春のおためしWeb受講スピードくじ Myページクーポン 資格別クーポン 退職者・離職者応援割引
資格から探す

法律系

公務員試験

簿記・会計・労務系

不動産・建築・国際系

福祉・医療系

IT・パソコン系

ビジネス実務系

資格認定講習会

資格共通

書籍・問題集
模試・答練
早期申込割引・特典
タイムセール
おためしWEB

司法試験

難易度 学習経験者

講座

司法試験
【司法】刑法“完全攻略”講座(2021年合格目標)

18時間で過去問&重要論点を完全攻略!

  • ※DVDでは基本フォロー「進捗率」はご利用いただけません。

本講座は、
1重要論点の完全攻略
重要判例の検討・論点の解説を行うことで、重要論点の正確な知識・理解を獲得する
2過去問の完全攻略
講師作成の論述例や過去問の参考答案を示し、出題趣旨を分析しながら、重要論点に関する
知識・理解を実際の答案上でどのように活用、表現するかを習得する
ことを目指します。
つまり、「重要論点のインプット講義」と「過去問の解説講義」を合体させた講座です。

目標年度 :
2021年
回数 :
6
販売終了日 :
2021年5月31日(月)

目標年度
2021年
販売開始日 2020年08月20日 AM0:00
販売終了日 2021年06月01日 AM0:00

お申込み application

初めから選びなおす

購入商品選択

LB20572 33,000円 | 330ポイント付与 (1%)

通信DVD

※ご購入前に必ず【DVD動作環境】をご確認下さい。

LB20572 39,600円 | 396ポイント付与 (1%)

合計金額

0 円(税込)

※注文情報確認画面で「決済する」ボタンを押すまで代金の請求等はありません。
※ポイントは支払金額からの算出となるため、割引利用等により異なります。

検討中リストに登録

JACCS

教育クレジット(分割ローン)シミュレーション
※ご購入金額20,000円以上からご利用頂けます。
※定員のある講習・通学等一部対象外があります。

講座の特長

1 既存の類似講座にはなかった論点&過去問解説講座!

既存の講座は、「重要論点を解説するか」、「過去問を解説するか」の二者択一でした。しかし、受験生にとって最も学習効果の高い勉強方法は、過去問を素材として重要論点を解説しつつ、答案の書き方を学ぶことです。そこで、本講座は、これまでの司法試験過去問を「年度ごと」ではなく「論点ごと」に並べ替えて、刑法の重要論点を体系的に解説します。本講座を受講することで、刑法の重要論点を体系的に理解することができ、かつ、全年度分の過去問を検討することができます。

2 刑事事件の実務家だからこそできるわかりやすい講義!

反町講師は、LEC専任講師でありつつ、多くの刑事事件を扱う現役の弁護士です。そのような反町講師だからこそできる判例・実務に即した解説を行います。

3 抽象的な論点解説ではなく、論文作成に即役立つ論点解説!

本講座は基本書にあるような抽象的な論点解説をするものではありません。本講座で解説することは,【過去問、出題趣旨、採点実感、講師作成の論述例・参考答案を素材にして、重要論点をどのように答案に書くか】です。答案を書く上で受験生が共通して疑問を抱いている重要論点・判例について解説し、論述例を具体的に示します。

4 新出題傾向の問題にも完全対応!

平成30年度及び令和元年度司法試験の刑法では、いわゆる「設問形式」の問題が出題されました。本講座では、この2年度分の過去問については別冊の講師オリジナルレジュメを用いて解説し、新傾向問題の対策についても伝授します。

回数

全6回 18時間

講義内容

第1講 実行行為

→①不作為犯(H22、H26、H30)、②間接正犯(H21、H25)、③早すぎた構成要件の実現(H25)、④殺人罪の実行行為(H23)、⑤過失犯の実行行為(H22)、⑥不能犯(H30)

第2講 因果関係/故意

→①実行行為後の介在事情(H22、H26)、②事実の錯誤(H20、H21、H25、H27)

第3講 正当防衛

→①急迫性と積極的加害行為(H18)、②侵害の継続性(H23)、③防衛行為の相当性(H18、H23、H29)、④自招侵害(H23)、⑤防衛行為の一体性(H23)、⑥誤想(過剰)防衛(H27、H29)、⑦防衛行為と第三者(R1)

第4講 共犯

→①(共謀)共同正犯(H18、H19、H20、H23、H24、H25、H27、H28、H29、R1)、②共謀の射程と共犯の錯誤(H20、H27、H29)、③共犯関係の解消(H19、H23、H28)、④承継的共同正犯(H18、H28)、⑤共犯と正当(過剰)防衛(H18、H29)、⑥共犯と身分(H21、H24)

第5講 財産犯

→①窃盗罪(H27、H29)、②強盗罪(H20、H28、R1)、③詐欺罪(H19、H24、H29、R1)、④恐喝罪(H19)、⑤横領罪(H21、H24、H27、H29)、⑥背任罪(H24、H29)

第6講 財産犯以外の重要犯罪

→①放火罪(H25)、②文書偽造罪(H24、H29)、③監禁罪(H21、H25)、④業務妨害罪(H21)、⑤住居(建造物)侵入罪(H20、H26、H27、H28)、⑥名誉毀損罪(H30)

※各回の講義で扱う内容、スケジュールの目安は以下のとおりです。

第1回 第1講及び第2講
第2回 第3講及び第4講(前半)
第3回 第4講(後半)
第4回 第5講(前半)
第5回 第5講(後半)
第6回 第6講

ただし、実際の講義の進度に応じて各回で扱う内容が前後することがあります。

※講義では別売テキスト(「司法試験体系的問題解析刑法」)を使用します。各回で扱う論点について、テキストの[論点解析]を読んだ上で講義に臨めばより学習効果が高くなります。

※各回で扱う過去問について、あらかじめ問題文を読んだ上で講義に臨んでください。

使用教材

〈テキスト〉

「司法試験体系的問題解析刑法」(成文堂、2018年)※別売

〈配布レジュメ〉

・司法試験全過去問資料集(過去問、出題趣旨、採点実感、再現答案)
・過去問解析レジュメ[新傾向問題]
・講義ノート

※教材のPDFデータはWebUP致しませんのでご注意ください。

担当講師

講師メッセージ

受験生から「過去問だけを解いていても、過去問で出題されていない論点が出たら答案が書けないのではないですか?」という質問を受けます。未知の問題に不安を覚える気持ちは良くわかります。もっとも、刑事系科目については、重要論点が繰り返し出題される傾向があり、実際の出題分野はある程度限定されています。そして、現時点で過去問の分量も十分にあることから、既存の過去問をすべて扱えば、今後出題が予想される重要論点について相当程度網羅することができます。
既存の過去問の重要論点を“完全攻略”することで、今後の出題についても十分に対応する力が必ず身に付きます!
本講座は刑法の“総仕上げ”です。本講座で刑法があなたの得点源になるはずです!

スケジュール

Web配信開始日/教材発送日
お申し込後、随時

Web配信終了日
2021年7月31日(土)

受講料

10%税込
受講形態 講義形態 科目 回数 一般価格 大学生協・
書籍部価格
代理店
書店価格
講座コード
税込(10%)
通信 Web+音声DL+スマホ 一括 7 33,000円 31,350円 32,340円 LB20572
DVD 39,600円 37,620円 38,808円

Web通信講座 学習システム「Online Study SP」ご利用の注意点

※「Online Study SP(オンライン スタディ エスピー)」は学習環境の違いにより一部機能がご利用頂けません。詳細は「講義コンテンツ提供」状況をご確認ください。

※Windowsパソコンの動作環境は「動作環境チェック」をご確認ください。

※Macパソコンの動作環境は「動作環境チェック Macパソコン」をご確認ください。

※スマートフォンの動作環境は、「動作環境チェック スマートフォン」をご確認ください。

お申込時の注意点

■一般価格とは、LEC各本校・LEC提携校・LEC通信事業本部・LECオンラインショップにてお申込される場合の受付価格です。

■大学生協・書籍部価格とは、LECと代理店契約を結んでいる大学内の生協、購買会、書店にてお申込される場合の受付価格です。

■代理店書店価格とは、LECと代理店契約を結んでいる一般書店(大学内の書店は除く)にてお申込される場合の受付価格です。

■上記大学生協・書籍部価格、代理店書店価格を利用される場合は、必ず本ページをプリントアウトして代理店窓口までご持参ください。

≪解約・返品について≫

【コース・パック・講座】
弊社所定書面をご提出下さい。実施済受講料、手数料等を清算の上返金します。教材等の返送料はご負担頂きます。

【書籍・レジュメ等の物品】
弊社有責の場合を除き、解約・返品はできません。詳細は「LEC申込規定」をご確認下さい。

受講形態ほかを選択し、この講座を申し込む

最近チェックした商品

登録されていません。

商品レビュー

実際に講座・商品をご利用の方からのレビュー(感想)となります。

レビューがありません。

レビュー一覧を見る