おためしWeb受講キャンペーン Web奨学生試験 退職者・離職者応援割引 気になる人の学習状況
資格から探す

法律系

公務員試験

簿記・会計・労務系

不動産・建築・国際系

福祉・医療系

IT・パソコン系

ビジネス実務系

資格認定講習会

資格共通

書籍・問題集
模試・答練
早期申込割引・特典
タイムセール
おためしWEB

登録販売者

難易度 初学者

講座

登録販売者
登録販売者試験合格講座

  • ※スタンダードDVDでは基本フォロー「進捗率」はご利用いただけません。

本講座は2013年8月に収録したものです。
最新の法改情報につきましては、ご自身でご確認いただけますようお願い致します。

目標年度 :
2014年 2015年
回数 :
4
販売終了日 :
2014年12月9日(火)
2019年合格目標講座はこちら!

目標年度
2014|2015年
販売開始日 2013年09月06日 AM0:00
販売終了日 2014年12月09日 AM0:00

お申込み application

初めから選びなおす

在庫切れや販売期間終了などの理由により、
現在ご購入頂ける商品はありません。
※実施日直前の通学講座の場合、定員に空きがある場合がございます。
コールセンター・各本校までお問い合わせください。

合計金額

0 円(税込)

検討中リストに登録

JACCS

教育クレジット(分割ローン)シミュレーション
※ご購入金額20,000円以上からご利用頂けます。
※定員のある講習・通学等一部対象外があります。

講座概要

 近年、急速な高齢化の進展や生活習慣病の増加など疾病構造の変化、QOLの向上への要請等に伴い、自分自身の健康に対する関心が高い生活者が多くなっており、身近にある一般用医薬品を利用する「セルフメディケーション」の考え方が広がってきています。
 セルフメディケーションの主役は一般の生活者ですが、情報通信技術の発展・普及に伴って、一般の生活者も、医薬品に関して速やかな情報入手が可能状況となっています。
 しかし、一般の生活者が接する医薬品の有効性や安全性等に関する情報は、断片的かつ必ずしも正確でない情報として伝わっている場合も多く、医薬品の販売等に従事する専門家による、購入者等への情報提供は以前にも増して重要となってきています。
 これまで、医薬品の販売等に従事する専門家として薬剤師がいましたが、。2006年6月の薬事法改正よる登録販売者制度の導入に伴い、登録販売者も医薬品の販売等に従事する専門家の一翼を担うようになりました。
 本講座は登録販売者試験を受験される方を対象として、単なる薬の効能効果だけでなく、薬害の歴史から薬事関係法規や医薬品の適正使用・安全対策まで幅広く解説し、受講生の皆様が登録販売者試験に合格することを目標としています。

対象者

登録販売者試験を受験される方

講座のポイント

厚生労働省「試験問題作成に関する手引き(平成19年8月(平成21年6月一部修正))」に準拠したオリジナルレジュメを使用した解説。

使用テキスト

オリジナルレジュメ5冊
(テキスト代は受講料に含まれます)

カリキュラム

第1回(収録時間:2時間38分)

<第1章> 医薬品に共通する特性と基本的な知識
I  医薬品の本質
II  医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因
III 適切な医薬品選択と受診勧奨
IV 薬害の歴史

 

<第2章> 人体の働きと医薬品
I 人体の構造と働き
II 薬の働く仕組み

 

 

第2回(収録時間:2時間31分)

<第2章> 人体の働きと医薬品
III 症状からみた主な副作用

 

<第3章> 主な医薬品とその作用
I 精神神経に作用する薬
1.かぜ薬
2.解熱鎮痛薬
3.眠気を促す薬
4.眠気を防ぐ薬
5.鎮暈薬(乗物酔い防止薬)
6.小児の疳を適応症とする生薬製剤・漢方処方製剤(小児鎮静薬)
II 呼吸器官に作用する薬
1.咳せき止め・痰たんを出やすくする薬(鎮咳去痰薬)
2.口腔咽喉くういんこう薬、うがい薬(含嗽薬)

 

 

第3回(収録時間:2時間55分)

<第3章> 主な医薬品とその作用
III 胃腸に作用する薬
1.胃の薬(制酸薬、健胃薬、消化薬)
2.腸の薬(整腸薬、止瀉薬、瀉下薬)
3.胃腸鎮痛鎮痙けい薬
4.その他の消化器官用薬
IV 心臓などの器官や血液に作用する薬
1.強心薬
2.高コレステロール改善薬
3.貧血用薬(鉄製剤)
4.その他の循環器用薬
V 排泄に関わる部位に作用する薬
1.痔の薬
2.その他の泌尿器用薬
VI 婦人薬
VII アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む)
VIII 鼻に用いる薬(鼻炎用点鼻薬)
IX 眼科用薬
X 皮膚に用いる薬
XI 歯や口中に用いる薬
1.歯痛・歯槽膿漏そうのうろう用薬
2.口内炎用薬

 

 

第4回(収録時間:2時間28分)

<第3章> 主な医薬品とその作用
XII 禁煙補助剤
XIII 滋養強壮保健薬
XIV 漢方処方製剤・生薬製剤
1.漢方処方製剤
2.その他の生薬製剤
XV 公衆衛生用薬
1.消毒薬
2.殺虫剤・忌避剤
XVI 一般用検査薬
1.尿糖・尿蛋たん白検査薬
2.妊娠検査薬

 

<第4章> 薬事関係法規・制度
I 医薬品の販売業の許可
II 医薬品の取扱い
III 医薬品販売に関する法令遵守

 

 

第5回(収録時間:58分※この回は4回までに収録できなかった講義の補習です)

<第5章> 医薬品の適正使用・安全対策
I 医薬品の適正使用情報
II 医薬品の安全対策
1.医薬品の副作用情報等の収集、評価及び措置
2.医薬品による副作用等が疑われる場合の報告の仕方
III 医薬品の副作用等による健康被害の救済
IV 一般用医薬品に関する主な安全対策
V 医薬品の適正使用のための啓発活動

担当講師

山川 大志 LEC専任講師
講師プロフィール
薬剤師。2003年薬剤師国家試験合格、調剤薬局勤務。

受講価格(税込)

2014年3月31日(月)までの通常販売価格(5%税込)

受講形態 一般価格 講座コード
web(win) 29,000円 XB13175
web(Mac) 29,000円 XB13175
DVD 40,000円 XE13175

2014年4月1日(火)以降の通常販売価格(8%税込)

受講形態 一般価格 講座コード
web(win) 29,830円 XB13175
web(Mac) 29,830円 XB13175
DVD 41,140円 XE13175
 

お申込時の注意点

  • ※消費税8%の税込価格につきましては、10円未満の金額を四捨五入しております。
  • ※一般価格とは、LEC各本校・LEC通信事業本部・LECオンライン本校にてお申込される場合の受付価格です。
  • ※お客様がコース・講座を注文された場合のご注文取消し・解約等については、「LEC申込規定」3.【解約・返金等】をご参照ください。

Web動画 パソコン環境<Mac>の注意点

  • ※パソコン環境<Mac>をお申込み頂くと、MacパソコンでWeb通信講座の受講が可能になります。(Windowsパソコンでの受講はできません。)
  • ※WindowsパソコンやスマートフォンでWeb通信講座のご受講を希望される場合は、別途「Windowsクラス」・「スマホオプション」のお申込が必要となります。
  • ※Macパソコンへのサービス提供開始・視聴期限は、Web視聴開始日に準じます。
  • ※Macパソコンの動作環境は「動作環境チェック(Macパソコン)」をご確認ください。
  • ※Macクラスでは、Web通信講座学習システム「OnlineStudySP」の一部機能がご利用頂けません。詳細は「学習環境による機能の違い」をご確認ください。

最近チェックした商品

登録されていません。

商品レビュー

実際に講座・商品をご利用の方からのレビュー(感想)となります。

レビューがありません。

レビュー一覧を見る